健康食品製造販売|株式会社コーワリミテッド
商品一覧|Products 健康豆知識コラム|Column お客様の声|Voice ご注文|Order 会社概要|Company 代理店募集|BtoB お問合せ|Contact us
COLUMN(コラム)
ウコン

■ 「ウコン」健康豆知識
〜アルコールや脂肪の代謝を促進する「ウコン」〜

年末、年始、何かと飲む機会が多い時期!最近、朝起きるのが辛くありませんか?
「肝臓」の働きが正常に動かないと、疲れやすくなる等の症状が現われます。アルコールや脂肪の代謝、解毒作用などの働きに効果的なのは「ウコン」ですが、今回は、その「ウコン」について詳しくご紹介いたします。


ウコンに含まれる「クルクミンの働き」とは
  アルコールや脂肪の代謝を促進

ウコン(Curcuma Longa L)は、インドシナ半島のミャンマー(旧ビルマ)やマレーシア、ジャワ、インドが原産地で古くから熱帯アジア地域、台湾で栽培されており最近では沖縄でも栽培されているようです。ウコンは漢方で薬用として用いられる他に、カレー料理に欠かせない香辛料として、また様々な食品の着色用の色素としても永く食用されてきました。 

ウコンの主成分は、黄色の色素である「クルクミン」の他に、ターメロン等の精油成分を含んでいます。クルクミンには、胆汁分泌促進作用があり、アルコールや脂肪の代謝を促進します。また胆汁はコレステロールから合成されますので、血液中のコレストロールを減少させる働きもあります。精油成分には抗菌作用がありますが、近年の研究で肝機能促進作用や坑酸化作用が認められています。口コミで広まったところ、TV情報番組等でも紹介され、現在は愛用者も年々増えています。


「肝臓」の働きについて
 「肝臓」は、栄養素をエネルギーに変えたり、様々な酵素を作ったり、アルコールや脂肪の代謝、解毒作用などの働きがあり、健康を保つ上で非常に大切な臓器です。すぐ疲れる、いつもだるい(倦怠感)、朝起きるのがつらい、ヤル気がでない等の症状を感じたら、肝臓の働きが悪くなっているサインだと思って注意が必要です。放っておくと、肝臓に脂肪が溜まり、肝機能がさらに低下してしまう「脂肪肝」になってしまいます。そんな時、肝臓には十分な栄養と、良質なタンパク質や、休養が必要となります。


「ウコン」の製品について
 ウコンを主成分としたサプリメントは、店頭でも数多く市販されておりますので、この「クルクミン」の含有量を確認して選んで下さい。ウコン製品には、粉末、カプセル、錠剤、お茶など様々な製品が在りますが、使用目的やライフスタイル、お好みで使い分けて下さい。


※「純ウコン粉末」はリニューアルいたしました!新しい商品名は濃いウコン粉末です。

*「ウコン粉末」製品はウコンの成分を最も多く摂れますが、そのままではウコン特有の苦味や香りが気になる方も多いので、カレーを初め日ごろの料理に混ぜて使用して下さい。カプセルや錠剤は手軽に飲みやすいので人気があるようです。


*お茶は、ハーブティー感覚で美味しく飲めますが紅茶等とブレンドしたり冷やしても美味しく飲めます。1日当たり、粉末で3g位、カプセル製品で3〜6カプセル程度がお勧めです。お茶は1パックを500ml位のお湯でさっと煮出して適宜お飲み下さい。朝夕のお食事時やお酒を飲む前にお召し上がり下さい。



<ミニー豆知識>

肝臓には、良質のタンパク質、特にタウリン、ミネラルの亜鉛などが必要です。肝臓に負担が掛かり易いこの時期は、これらの成分を多く含む貝類、牡蠣やシジミ等を積極的に摂ることをお勧めします。


ウコン・お買い得パッケージ商品はこちらへ




青汁・健康食品 株式会社コーワリミテッド TOPへ戻る

copyright(C)kowaltd. all rights reserved.